無垢家具屋 ひでじ工房

宮崎県延岡市の手作り無垢家具工房

テーブル天板

自然素材の無垢板の制作における工夫 テーブル天板について

テーブル天板について

組み合わせが大切です。

はみ出た接着剤と段差をカンナで削る作業です。

 
種類は同じでも素材によって模様、色の入り方などが違う場合もあり、
バランスが取れない場合もあります。
テーブルの天板は特にバランスが大事になってきますので、
奥行き80cmの場合は、4枚の板をバランスを見ながら吟味していきます。
経験である程度はバランスが取れますが、
何回制作しても不安なのが、色の入り方です。
ひでじ工房では、ワトコ社のオイル塗料で色付けをしております。
木材に染み込んで色が付きますので、
素材によっては、染み込み方が変わってくるのです。
同じ素材でも、部分によっては濃くなったり、薄かったり、
いくら経験を積んでも、確実に合わせることは難しいのです。
そこで、アンバランスにならない様、制作前に一度天板に色を入れます。
そして、バランスが取れた素材を使い天板を圧着して組み立てます。
その後、また色をはがして平らにしていきます。
なかなか大変な作業ですが、同じ素材でもより喜んで頂ける様
この作業を行っております。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

114038489